脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

初めて脱毛にチャレンジしようとしている方は脱毛にも色んな方法があることに驚きませんでしたか?自宅で脱毛するには、毛を剃る、溶かす、抜く、家庭用脱毛器、ワックス脱毛となり、手軽で痛みのレベルも低いですが長持ちせず、すぐ毛が生えてきますよね。本格的に脱毛を考えているのであれば、やはりサロンや医療機関で脱毛してもらった方が、お肌にも優しく効果も期待できます。

サロンや医療機関でできる脱毛の種類には、大きくわけると「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛」の3種類になります。それぞれにメリット、デメリットがあり、毛の質や量また年齢などの個人差により脱毛効果も変わってきます。ニードル脱毛とは毛を一本ずつ電気で処理する脱毛方法で、脱毛の施術時間はかかりますが永久脱毛としての効果は一番高いのです。

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

また、毛の色が脱毛処理に関係無い為、白髪から細い毛、太い毛まで全ての毛や肌色に対応できます。しかし料金はどの脱毛方法より高くなり痛みも伴います。レーザー脱毛と光脱毛は、光を黒い色に反応させ毛根を熱で処理する脱毛方法です。原理は同じなんですが、レーザー脱毛と光脱毛では光の出力が違います。レーザー脱毛の方が光の出力エネルギーが高いため、照射範囲が広くまた短時間で広範囲を処理でき効果も光脱毛より期待できます。しかし、赤みが出やすく光脱毛よりも痛みを感じます。

光脱毛は光の出力エネルギーが低い分、レーザー脱毛より施術回数はかかりますが、ほとんど痛みを感じることがありませんし、料金もレーザー脱毛よりも安いところが多いです。レーザー脱毛と光脱毛は黒い色に反応させるため、細い毛や産毛には効果が表れにくい場合や日焼けをしていると施術してもらえない場合もあります。このように脱毛方法によりメリット、デメリットがあり、料金も違ってきますので、充分情報を集めてから脱毛サロンを選び、また各サロンの無料カウンセリングや無料体験に一度行ってみることをおススメします。

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ