日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

夏といえば海!海といえばビキニ!ビキニといえば・・ムダ毛が気になりますよね。夏になって脱毛を始めたい!という人も多いと思いますが、日焼けした肌の脱毛って効果があるの?と疑問に思われる方も多いはず。日焼けした肌への脱毛はどのサロンさんも禁止されています。その理由を解説していきます。まず、日焼けをすると紫外線の影響を受けて肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると刺激を受けやすい状態になってしまい、脱毛のレーザーの熱によって痛みを感じやすくなります。また、レーザーは黒色に反応するので日焼けした黒い肌は通常よりレーザーに反応してしまうので痛みを感じやすくなります。そうすると弱いパワーでの施術となるため、結果として1回の脱毛での効果が得にくくなってしまいます。次に、日焼けにより肌が乾燥しているとレーザーを当てても毛穴の奥までパワーが伝わりません。

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

また先ほどお伝えしたようにレーザーは黒色に反応してしまうので、通常であれば毛根にだけダメージが届くのですが、焼けた黒い肌にまでパワーが分散してしまうので、効果が薄れてしまうのです。最後に焼けた肌はトラブルが起きやすい状態となっています。日焼けとは軽い火傷をした状態なので、そこへレーザーを当てると刺激がかなり強く感じるのです。軽い火傷の状態からひどい火傷へ悪化してしまう可能性があるのです。日焼けして乾燥している肌にレーザーを当てることで、さらに乾燥してしまい、シミやそばかすができやすくなり、色素沈着も起こりがちになってしまいます。

このような理由から、日焼けをしている肌には脱毛は禁止されております。特に施術日に肌が赤い状態だとお断りされます。少し黒くなったかな程度だと施術はしてもらえますが、100%の効果を得ることは難しくなります。無理にお願いして施術をした場合でも、効果が感じにくくなってしまいますので、脱毛中の日焼け対策はしっかり行いましょう。もし日焼けしてしまった場合はしっかり睡眠を取ったりビタミンCを多く取る等新しい肌に生まれ変わるような努力をしましょう。

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ