VIOゾーンを見られるのが恥ずかしいんですが

VIOゾーンを見られるのが恥ずかしいんですが

VIOゾーンの脱毛って、気になるけど施術してもらうのが恥ずかしくてなかなか勇気が出ないって人もいますよね。普段人には見せない部分なので施術を受けることは抵抗がある人も多いはず。でも、実は意外なことに、脱毛サロンで一番人気なのはVIO脱毛なのです。欧米ではVIOの毛がないことは、女性も男性も当たり前になってきているのです。VIO脱毛はどのような恰好で施術をうけるのか、気になりますよね。ほとんどのサロンでは使い捨ての紙ショーツに着替えます。

そのショーツを履き、上半身の服はそのままか、タオルを巻いた状態で寝転がってショーツをずらしながら施術を行っていきます。まず、Vラインですが仰向けに寝そべり、ガニマタのように軽く足を開きます。ショーツを履いたままビキニラインの部分をずらしながら照射するので性器が丸見えになることはありません。仰向きの場合は光が目に入らないように、タオルやゴーグルをかけてもらえるので施術の様子を見ないで済みます。

VIOゾーンを見られるのが恥ずかしいんですが

次にIラインですが、こちらも仰向けに寝そべって順番に片足ずつ膝を立てて外側に倒しながら施術します。もちろんショーツを履いたままずらしながらの施術です。性器の周りの照射ですのでスタッフさんには丸見えになります。最初は恥ずかしいかもしれませんが、こちらもタオルやゴーグルをつけてますし寝転がってる間にすぐに終わるので、意外とすぐに慣れていきます。最後にOラインですが、うつぶせでの施術の場合と四つん這いでの施術とサロンによって異なります。Oラインはお尻の穴のヒダを広げながら照射していきます。

もしかするとVIOの中で一番恥ずかしい箇所かもしれませんが、こちらもすぐに終わるので慣れます。しかし四つん這いは恰好自体が恥ずかしいかもしれませんね。そういった場合はカウンセリングで担当者に相談をして、うつぶせで施術してもらえるようにしましょう。なんとなく施術のイメージはつきましたでしょうか?スタッフさんは日に何人ものお客さんを施術しているので、全然気にしなくても大丈夫です。少し勇気がいる箇所ですが、まずは1回受けてみると意外と乗り越えられますよ!

マルバツ診断画像

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ