日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

春から夏にかけ日差しが強くなり肌も知らず知らずに焼けている!なんてことありますよね。日焼けしてしまった肌には、脱毛の効果はあるのでしょうか。日焼けをすると肌がヒリヒリすることもありますよね。痛みがなくても日焼けした直後の肌というのは、紫外線からのダメージを受けて弱っています。もし、そのままの状態で脱毛マシンの光を当てると、肌トラブルが発生する可能性があるというのです。

脱毛マシンの光は、ムダ毛の元である毛母細胞の働きを弱めるぐらいの大きなパワーを持っていますので、肌に当たると熱を発生させたり、元々弱っている肌細胞などは、さらにダメージを受けたりします。肌が弱い人は、日焼けした状態で脱毛マシンの光を浴びると、やけどすることもあるそうですよ。脱毛マシンの光というのは「黒色に反応する」という特徴をもっています。肌が日焼けして黒くなるのは、紫外線の害から体を守るメラニン色素が活発化したためですが、実はムダ毛の黒色も同じ色素からできています。

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

本来なら、ムダ毛にしか反応しないはず脱毛マシンの光が、日焼けした肌にも反応してしまい、肌トラブルを引き起こすことになります。また、ムダ毛の色と肌の色の間の明暗の差が大きいほど、脱毛効果が高いともいわれています。せっかくキレイになるために脱毛をするのですから日焼けをしていない状態が一番いいですね。脱毛をしようと思ったら、数ヶ月前からUVケアを念入りに行って、日焼けをしないことを心がけましょう。

もし、うっかり日焼けをしてしまった場合は、日焼けの程度が軽くて、火照りもないようであれば、2週間ほどダウンタイムをとって皮膚を休めれば脱毛ができる場合が多いようです。実際に脱毛マシンの光を当ててみて、肌の反応をテストしてから施術日を決めてくれるサロンもありますので、心配になった場合はサロンに相談してみましょう。また逆に、脱毛の施術を受けた後は、脱毛マシンの光によって肌がダメージを受けているため、強い太陽の光を浴びてしまうと、シミができてしまったり、やけどしたりすることもあります。施術を受けた日はもちろん、1週間ぐらいの間は特に、陽射しが肌に当たらないように気をつけて、防止や長袖などでガードしましょう。

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ