ワキ脱毛でワキガが治るって本当?!

ワキ脱毛でワキガが治るって本当?!

汗がたくさん出たり、露出度が高い季節には、気になってくるワキのニオイですが、ワキ脱毛でワキガが治るってうわさを聞いたことがありませんか。本当なのでしょうか。ワキガの原因は、アポクリン腺というワキにある汗腺から出る、臭いの原因となるねっとりとした汗と、そこに繁殖する雑菌です。アポクリン腺の数や分泌物の量が、普通より多い体質をワキガ体質と言うそうです。根本的には、アポクリン腺を手術で除去するなどしないことにはワキガは改善しません。

ただ、ワキにムダ毛があるとアポクリン腺から出た汗や細菌をその場所に溜めてしまうため、臭いが更に強くなってしまいます。ムダ毛を処理したり脱毛すれば、汗が付着する毛がなり、汚れも溜まりにくくなるので、雑菌が増殖しにくくなります。多少なりとも、ニオイが少なくなるはずです。また、脱毛をして毛穴から毛が抜けると毛穴が引き締まり、汗の分泌自体も低下します。ワキガもかなり改善されるように感じるでしょう。

ワキ脱毛でワキガが治るって本当?!

それでも、完全に汗が出なくなる、などということはありませんので、ワキガを完全に治すにはやっぱり汗腺自体から汗を出ないようにしたり、汗が出てもニオイがしないような体質改善が必要なようです。脱毛法の中で、ワキガに効果が高い方法もあります。クリニックで行う「電気凝固法」です。レーザー脱毛やサロンの光脱毛の方が手軽ですが、電気凝固法は、脱毛だけでなく、同時にアポクリン腺とさらさらの汗が出るエクリン腺という汗腺の一部も固めるため、汗が確実に減り、ワキガの治療につながります。ワキガが治るというのとは逆に、脱毛をするとワキガになる、というウワサもあるようです。

ワキ脱毛をすると皮膚の上を汗が直接流れるため汗が増えたと感じる人もいるのですが、これが原因でワキガになったかもしれないと考える人が多いようです。汗が増えたと感じるところからくる精神的な不安が、脂を含んだ濃縮した汗を出し、汗そのもののニオイを以前より感じるようになったり、その汗によって毛穴に脂や垢がたまり、酸化して臭いを発することもあるようです。もし脱毛後の脇の毛穴に白いものが溜まっていたらその可能性が高く、そんな時はギュッと絞り出せば簡単に治ります。それを何度やっても治らない場合は、皮膚科で毛穴を開く処置ができるそうです。いずれにしても、脱毛とワキのニオイはなかなか縁が深そうです。

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ