脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

脱毛と言ってもいろいろと種類があるようですが、どの方法を選べばいいのか悩みますよね。その脱毛効果には違いがあるのでしょうか。まず一番手軽に家庭でもできるリーズナブルな処理が、毛抜きで抜いたり、ワックスやテープを使用し、脱毛する方法です。費用があまりかからないところ、思いつけば自分でもいつでも行える手軽さがあります。ワックス等は肌が弱い人は使えませんし、処理をしてもまたすぐに生えてきます。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、皮膚の表面にレーザーやフラッシュの光を照射して、毛の元である毛母細胞や、毛乳頭を壊してしまう方法です。

ムダ毛のメラニンに光が反応し、熱が蓄積されることで、根っこの部分が壊れます。比較的痛みが少なく、短時間で処理できます。痛みの感じ方には個人差がありますが、輪ゴムで肌をパチッとはじかれた程度です。色の薄い毛や産毛には効果がでにくいといわれ、黒くて太い毛に適しています。日焼けのメラニンにも反応してしまうため、日焼けの度合いによっては脱毛が受けられない場合もあります。クリニックで受けられるレーザー脱毛は医療機関が行うという安心感があり、出力が高いため比較的少ない回数で脱毛が完了します。エステや脱毛サロンで受けられるのはフラッシュ脱毛です。フラッシュ脱毛でも、サロンによって使用する脱毛マシンが違っていたり、光の種類やジェルの種類の違いなどによって、いくつかに分かれています。

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

いずれもレーザーより光のパワーは弱くなっており、毛根組織を完全に破壊するものではないので、お肌にやさしい脱毛方法ともいわれています。お肌にやさしい反面、厳密な永久脱毛ではないのでしばらくしたら、また毛が生えてくることもありますが、回数を重ねると以前のような自己処理が必要ないぐらいまでにはムダ毛は薄くなります。フラッシュ脱毛のライトは広範囲に拡散するので、1回の照射で処理できる範囲はレーザー脱毛よりも広く、施術時間が短くすみ、痛みも少ないといわれています。 その昔、主流だったニードル脱毛は、毛穴に針を刺して弱電流を流し、毛乳頭を破壊する脱毛法です。

現在でも受けられる医療機関やエステはありますが、毛穴に針を入れるチクッとし、弱電流を流すときにジリジリとした熱くなるなど、かなりの痛みを伴います。医療機関であれば希望によって局所麻酔をしてくれるケースもあります。1本1本処理をするため時間と手間がかかり、施術を行う人物の技量にも影響されます。1本1本処理をするので、ニードル脱毛は永久脱毛の中で最も確実な方法と言われています。ムダ毛の悩みが深刻な人や脱毛完了後にもしつこく生えてくる数本のムダ毛を脱毛する時は、選択肢のひとつとして考えておくのもいいでしょう。

マルバツ診断画像

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ